税務にミスショットはご法度!!

・一般的にゴルフ会員権の譲渡所得は総合課税の対象。譲渡収入金額から取得費や譲渡費用などを控除して損失が出た場合、給与など他の所得と損益通算できます。

 

<ポイント>

譲渡所得の計算は、所有期間が5年超の長期譲渡所得の場合、譲渡収入から取得費や譲渡費用を差し引き、さらに50万円の特別控除を引いた金額です。これが、黒字か赤字で総所得金額の計算方法が異なります。

 

・次に取得費や譲渡費用など必要経費の計算です。

 

<ポイント>

取得費とは、ゴルフクラブに入会するために支出した「入会金」や「預託金」、第三者から購入した場合の「購入価額」や「名義書換料」。

譲渡費用とは、ゴルフ会員権業者に支払う手数料。(「年会費」はゴルフ会員権の保有に伴う維持管理費用なので、取得費、譲渡費用のいずれにも該当しません。)

・最後に最も注意が必要なのが損益通算です!!


セカンドオピニオン

総所得金額の計算は、所得を利子・配当・不動産・事業・給与・雑などの「第一グループ」、譲渡・一時などの「第二グループ」、山林などの「第三グループ」、退職の「第四グループ」に分け、まずは各グループ内で損益通算します。そして、第一グループか第二グループに赤字が残っている場合には、さらにこの二つのグループで損益通算。まだ赤字が残っている場合は順次通算します。

 

このため、ゴルフ会員権の譲渡損失が出ても、一時所得がある場合には、まずは一時所得と損益通算します。一時所得との通算は50万円の特別控除後で2分の1にする前の金額です。例え譲渡した会員権が複数の場合でも特別の控除金額はトータルで50万円です。

さらに、特別控除前の金額が50万円以下の場合は、特別控除前の金額が特別控除の金額になりますので、特別控除によってマイナスになることはありません。まだまだ、例外や判断が微妙なラインもありますので詳しくは当事務所までお問い合わせください。

セカンドオピニオン


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

セカンドオピニオン