満期保険金と退職金

満期保険金と退職金

    ~ヒモ付きなら要注意~

 経営戦略の一環として生命保険に加入する会社は少なくない。生命保険に加入の理由は会社によってさまざまだが、中でもポピュラーな理由とされているのが役員退職金の準備。

 高額な役員退職金は会社にとって大きな負担となるが、生命保険を活用することによって万一の場合の保障と退職金の財源を同時に準備することができるというわけだ。

 例えば、会社を契約者、役員および従業員を被保険者、死亡保険金受取人を会社とする定期保険の場合、会社が負担した保険料は損金扱い。保険料を損金で落としながら退職金の原資作りができるというメリットがある。

 また、会社を契約者、役員および従業員を被保険者、満期保険金と死亡保険金の受取人を会社とする養老保険の場合は、会社が支払う保険料は資産計上扱い。この場合、満期が到来して保険金が会社に支払われた際には、保険積立金と受け取り金額との差額を保険契約の満了時を含む事業年度の雑収入として処理することになる。

 ところで、この養老保険契約に加入した理由が、退職金の原資作りである場合は少し注意が必要だ。

 保険の満期と被保険者の退職時期がズレて、実際の退職が満期日の数年後になるケースがある。この場合、満期保険金の収益計上も繰り延べたいところだが、これは間違い。

 満期保険金の受け取りと退職金の支給はあくまで別の取引であるため、満期保険金の収益計上を繰り延べることはできない。


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。