短期バイトの給与

 ~源泉徴収どうなる~

短期アルバイトの給与の所得税源泉徴収処理は、社員に対するものと同様に、「給与所得の源泉徴収税額表」の「月額表」または「日額

表」の「甲欄」「乙欄」を使って源泉徴収額を計算します。甲欄と乙欄の違いは「給与所得者の扶養控除等申告書」が提出されているかどうかで、されていれば甲欄、いなければ乙欄です。

 これが、雇用契約の期間が決まっているような短期アルバイトへ支払う給与の場合には、給与所得の源泉徴収税額表の「日額表」「丙欄」を使って求めることになります。

 「丙欄」を使うことができるケースとは、給与を勤務した日または期間によって計算していることのほか、「雇用契約の期間があらかじめ定められている場合には2カ月以内であること」「日々雇い入れている場合には継続して2カ月を超えて支払いをしないこと」のいずれかの要件に当てはまる場合です。

 なお、当初の契約期間が2カ月以内でも、延長や再雇用のため2カ月を超えることもあります。この場合には、契約期間が2カ月を超えることとなった日から、「日額表」の「丙欄」を使うことができなくなります。したがって、給与を支払う期間に応じ定められている税額表の「甲欄」または「乙欄」で源泉徴収額を求めなければいけません。


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。