親の土地に子が新築

 「夢のマイホーム」とはよく言ったのもので、サラリーマンの平均給与が下落し続けている昨今、新たに土地を取得しマイホームを新築することはまさに“夢”のように難しいことになっています。親の土地に家を建ててしまおうと考えるすねかじりな子どもが増えたとしても、何ら不思議なことではありません。

 通常、土地の貸し借りが行われる場合、借り主は地主に対して地代を支払うほか、権利金などの一時金を借地権設定の対価として支払うのが通例となっています。しかし、親の土地に子どもが家を建てたときには地代や権利金を支払うことは、普通は考えられません。

 このように、地主へ地代も権利金も支払うことなく土地を借りることは、土地の「使用貸借」と呼ばれていますが、親子間で土地の使用貸借が行われる場合、子どもが親から借地権当額の贈与を受けたことになるのではないかという疑問が生じます。

 しかし、使用貸借による土地の使用権の価額は「ゼロ」として取り扱われるため、たとえ子どもが借地権相当額の贈与を受けたことになるとしても贈与税が課税されることはありません。ただし、この使用貸借している土地は親から子へ相続が発生した場合に、相続税の課税対象となるので注意が必要です。


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。