一般的な不動産管理業務の内容

賃貸・不動産管理料率=実務上是認されている管理料率は安全圏で賃料

の4~8%(判例等では6%台が多い)、最高でも10%程度(外部の管理業者が入っている場合には、その外部支払い分を上記料率から控除して考える)

 

※形式だけではなく、管理の実態と管理料率が見合っているか否かも重要

・一般的な不動産管理業務の内容

 ①入居者の募集・あっせん

 ②賃貸借契約書の作成

 ③家賃・共益費・駐車料金・修繕積立金等の集金・督促、敷金の収納

 ④賃料の値上げ等の条件変更手続き、更新・解約手続き

 ⑤管理物件の清掃、電気設備・エレベーター設備等の保守点検

 ⑥電灯等の消耗品の取替え

 ⑦入居者の苦情処理

 ⑧敷金の精算、退去時の立会い、修繕等の手配、空室管理

 ⑨管理物件に係る官公庁、町内会等地域会の関係業務の処理

 ⑩その他オーナーの依頼による個別業務

セカンドオピニオン


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

セカンドオピニオン