会社が負担した駐車違反反則金の税務上の取り扱い方

社用車での駐車違反・・・、税務処理は?
社用車での駐車違反・・・、税務処理は?

 

 

今回は、配送車や営業車などの社用車が、業務中に駐車違反で警察官から切符を切られ、会社が罰金を負担した場合の税務上の処理の仕方を解説します。

反則金の税務上の処理方法でまず第一に留意することは、業務に関連した支出か否かです。第二は、反則金の支出の内容です。

・<業務の遂行に関連がある場合

 会社が負担した交通反則金は、会社に課せられた罰金と同様に処理します。但し、実際に駐車違反を行った者に対する罰則の効果を減らさない為に損金には算入しません。また、違反時に車がレッカー移動された費用も会社が負担している場合、実費負担という意味合いから罰金扱いにはならず、損金に算入するこが可能です。

 

・<業務の遂行に関連がない場合>

 本来駐車違反した社員が個人で負担するべき費用とみなされる為、会社が負担した場合には、交通反則金もその際のレッカー費用もすべて当事者である社員の給与として扱われます。この場合は給与扱いの為、会社の損金として認められますが、あくまで『賞与』であるため駐車違反を犯した者が役員であった場合には役員賞与となりますので損金には算入できません。さらにこの場合は、役員でも社員でも本人には所得税が課税されます。

 

 

以前は、上記のような違反に対する罰金は車の持ち主ではなく実際運転していた者が支払うこととされていましたが、道路交通法の改正で『放置違反金制度』が定められて以降、運転者が支払わない場合は車両の使用者、つまり車検証に明記記載された『使用者』ががっ金を支払うよう決められています。

 


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。